バイクバッグに関する情報サイト

このサイトでは通勤やツーリングなど目的に応じて持ち歩く荷物も異なるため、デザインや収納力があるバイクバックを探しているという方に向けて様々な種類をご紹介していきます。
デザインや収納力の違いの紹介の他に、雨が降っても荷物を守ることが出来る防水カバーの紹介や通勤にぴったりなデザインの紹介、防水効果を与えるツールの紹介やツーリングにおすすめするデザインなど用途に合わせたアイテムも、しっかりチェックして商品を選ぶようにしましょう。

デザインや収納力をチェック

デザインや収納力をチェック バイクに乗っていると多くの人が経験する問題の一つに、荷物の運搬に限りがあるということがあります。元々バイクは荷物を運搬する目的で作られているわけではないので、通勤やツーリングなど用途別に便利なバイクバックをチェックして、扱いやすい種類を選ぶようにしましょう。
通勤や通学、近郊を走るシティーはライダー向けのアイテムには、荷物量は普段出かける時に持ち歩くだけを想定して、瞬時に脱着が行えるタンクタイプがおすすめです。携帯電話やタバコ、カメラやロックの収納に丁度よいとされる7Lサイズで、コンパクト設計なので乗車時にライダーの体とバッグが干渉しません。
ツーリング派におすすめするのは約40Lの大容量防水サイドタイプで、キャンプ用品や着替え、食材もしっかり積み込めて、雨が降っても荷物への浸水を防ぐ防水機能が基本なので安心です。

バッグの固定方法について知ろう!

バッグの固定方法について知ろう! バイクに乗る時に荷物があると色々と困ることがあります。バイクなので荷物専用のスペースが小さかったりして運びたい荷物を運べないことがあるからです。しかし、バイクバッグを利用すると、少々の数の小さな荷物などはバイクに乗せることができてとても便利です。ではこのようなバッグを利用したいという場合、どのようにして利用できるのでしょうか。そこで、荷物のための道具の固定方法についてご紹介したいと思います。
基本的に、荷物を運ぶための道具は荷台に固定して運びます。荷台が付いている二輪車であれば、荷台に専用の固定ツールでしっかりと留めます。二輪車の後ろ側のスペースが開いているので、その部分に荷物を載せてから崩れないようにして固定します。固定するときに用いる道具は、ネットのような固定具が便利です。ひものようなものであれば運転中に不安定になってしまうことがあり、危険ですし、振動などでだんだんとずれてくるリスクもあります。そのため、後ろのスペースに固定できるネット式の固定具を利用するのはおすすめです。この道具をバイクの両サイドの留めやすい位置に引っ掛けるようにして固定するときれいに留まりますし、ずらしてしっかりと調整することができます。

バイクバッグを購入する際には試着がお勧め

バイクは生身で乗るので安全のためにプロテクターが装着出来る衣類を着なければなりません。アウトドア用のウェアでも構いませんが、中にプロテクタージャケットを着用してなるべく安全性を確保することです。
さらに反射材を多用して視認性をあげて、貰い事故の防止をすることで事故を減らすリスク軽減になります。
バイクは生身なだけではなく、積載性が大変低いことも特徴です。スクータータイプならばシート下に収納スペースがありますが、それでもレインウェアや携帯品を入れたら一杯になります。バッグを背負うか車載するのがベストな方法になります。
バイク用のバッグは付ける場所で呼び名が変わり、タンクに付ければタンク用の鞄になりシートの後ろに付ければシート鞄と呼ばれるのです。シートに載せて左右に垂らす物は振り分け鞄と呼ばれております。
購入はインターネットやバイク用品店など、実際のサイズを計測して可能ならば試着してからの購入がお勧めになります。

バイクにバッグを車載するメリットは2つあります

バイクのバッグを取り付けるメリットは、荷物が運べるようになることです。積載性の悪いことがデメリットなので、少しでも運搬力が上がることで買い物や日常の利便性が飛躍的に上がります。
背中にリュックを背負うと便利ですが、疲労の原因になり運動性能も上がってしまうのです。だからこそ疲労抑制をして安全運転をするためには、車体に取り付けることがお勧めになります。
購入するのはバイク用品店などへ行き、可能ならば仮置きの試着をさせてもらいサイズの合うモデルを購入することです。後輪に装着する振り分けタイプの場合には、巻き込まないようにサポートステーを装着する方が良いでしょう。こうしたアドバイスも用品店のスタッフが行ってくれます。
他にもマグネットでタンク付けるタイプや、シートに付けるタイプが定番です。アメリカンバイクなどはサドルタイプと言う振り分け鞄や、シーシーバーというシートの背後にあるバックレストに積載するタイプの鞄あります。

バイクバッグのデメリットとその理由について

オートバイは軽快でスタイリッシュな乗り物であり、車重が軽くてエンジンのパワーを直接的に推進力に出来るのでスピードを楽しめる乗り物です。
1000ccクラスのオートバイでも車重は200キログラムから300キログラム程度なので、車に比べると半分以下の重量しかありません。その代わりにライダーは生身でリスキーな面もあります。
バイクは積載性が皆無なので、リュックを背負ったり車載出来る後付けタイプなどのバッグを装着することがお勧めです。バイク用品店へ行けば1万円から3万円程度の価格で、良いデザインと機能を持った製品が販売されております。専用モデルなので、取付け方も簡単で安全に行えるのです。
バッグを付けるデメリットは、スタイリッシュさを損なうことになります。シートに付けるタイプならば、二人乗りが出来なくなることもあるのです。
しかし極論を言えばメリットの方が大きく、ロングツーリングなどではリュックを背負うよりも疲労感が軽減されるので装着を検討してみるといいかもしれません。

バイクの中古バッグを検討する基準について

バイクは外装がない生身の状態であるからこそ、軽くてエンジンのパワーを活用出来る軽快な乗り物になります。その代わりにライダーを守る物がありませんので、プロテクターや反射材で事故抑制とガードをしなければなりません。また危険運転を控えることで、路上のマナーを守り安全運転になります。
バイクは生身であり常に風雨や紫外線に晒される乗り物です。長年乗車しているとカウリングが色褪せたり、ゴム部品が劣化します。
バッグ類などはナイロンやポリエステルで作られているので、黒が色褪せて赤茶に変色するなどの経年の変化があるのです。
中古のバッグを購入する時には、ファスナーが動くことや穴がないことを確認します。色落ちや変化に関しては、ある種どうしようもありません。新品でも数か月使用すれば、色が変化するので許容レベルならば中古を検討してもいいでしょう。
消耗品と考えて定期的に交換すれば、機能を維持することにもなります。使わない時にはバイクカバーをして、紫外線からガードすることも大切です。

バイクバッグはおしゃれで趣味性の高さを重視

バイクは趣味性の高い乗り物であり、移動ツールとしてだけではなくライフスタイルで楽しむ人が少なくありません。
レースで活躍するような前傾姿勢のスポーツタイプや、アメリカの荒野を一日で何百キロも走るアメリカンタイプ、古いモデルを楽しむ旧車スタイルなど好みはそれぞれです。排気量も50ccから2000ccオーバーまで幅広いことも、バリエーションの広さを特徴付けております。
バイクは積載性のほぼないことで知られており、一部のエンデューロモデルやノーマルで振り分け鞄の付いたアメリカンなど以外では、荷物を運ぶ能力はないと考えていいでしょう。
だからメーカーオプションや社外品で、積載性を上げるために鞄を装着する人も少なくありません。
バッグを付けるならばおしゃれなモデルを選びたいと考えるのは、スタイルを重視する趣味性の高い乗り物なので当たり前です。化学繊維から金属やレザーまで、素材も値段もさまざまなモデルがラインナップされております。

バイクバックの情報サイト

バイクバックについて知ろう

新着情報

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>バイクバッグを購入する際には試着がお勧め
>バイクにバッグを車載するメリットは2つあります
>バイクバッグのデメリットとその理由について
>バイクの中古バッグを検討する基準について
>バイクバッグはおしゃれで趣味性の高さを重視

◎2021/8/31

ツーリングのバイクバッグ
の情報を更新しました。

◎2021/6/4

バイクバッグを防水するツール
の情報を更新しました。

◎2021/5/30

サイト公開しました