庭に埋葬は衛生面を考えても良くない!?ペット火葬の基本情報をご紹介します

このサイトではペット火葬の基本情報をわかりやすく紹介していきますし、庭に埋葬すると衛生面などが良くないのか気になるかもしれませんが、その点も説明していきますから役立つはずです。
サービスを利用するときに見落としてしまうことが多い、骨壷代金についても解説していきますから、料金などの部分でトラブルを抱えてしまうリスクも軽減していくことができると考えられます。
ペットと一緒に火葬できる品物の種類も説明するので、実際に供養するときの参考にもなるはずです。

庭に埋葬は衛生面を考えても良くない!?ペット火葬の基本情報をご紹介します

ペット火葬のサービスを利用せずに、庭にペットの遺体をそのまま埋葬したりすると、衛生面で問題があるので注意が必要です。
最初にペット火葬のサービスを利用すると、遺骨の状態にできますから、それを骨壺に入れた状態で庭に埋葬するのであれば問題ありません。
ペット火葬のサービスを霊園で利用する場合は、お墓などを用意してもらうことができますから、庭に埋葬しなくてもしっかりと供養する場所を確保することができるので安心です。

ペット火葬は家族の一員といった考えた方で主流になっているお葬式

近年ペットを飼う人が増えています。
それに伴い増加傾向にあるのがペット火葬です。
一昔前は動物が死亡した場合、自宅の庭などに土葬することが一般的でした。
ですが今ではそのような方法はとることがほぼなく、ペット火葬が選ばれています。
ペット火葬はペットが亡くなった時に人と同じように葬儀を行うものであり、葬儀から出棺、火葬やお骨上げ、そして埋葬とすべて行うことができます。
経済的な理由から個別に供養ができない場合においても、他のペットと火葬を行い、合同墓に埋葬する方法がとられており、ペットを大切に扱う人が多いです。
このようなペット火葬が主流になりつつあるのは家族の一員としてペットをとらえるようになったこと、住宅事情から庭などを持つ人が少なくなったことが理由としてあげられます。
ペットは癒しの存在であったのが、一緒に暮らすうちに家族同様となり、亡くなった場合はしっかりと供養をしたいと思うようになったからです。
そのためペットという認識でないことが多く、しっかりと供養が行われるようになりました。

ペット火葬は亡骸をそのまま埋葬するのとは異なり供養する気持ちが込められる

ペットが亡くなった場合、つい最近まで日本では自宅の庭にそのまま埋葬することが多くありました。
特に昆虫や鳥、小動物はその傾向が強く、実際にそのような方法で供養した人も大変多いです。
ですが近年ではペットを家族としてみなすことが多くなり、そのまま埋葬するのではなくしっかりとペット火葬を行うことが増えてきました。
ペット火葬は人と同じように葬儀を行い出棺をし、そして火葬とお骨上げをするため、気持ちの区切りをつけることができ、さらにペットとしっかりお別れをすることができます。
ペットを飼っている人にとってなくてはならない存在になっており、亡くなるとペットロスに陥る人も多いです。
どうしようもない気持ちになることがあり、日常生活を送ることが困難になります。
このようなリスクを軽減するためにもペット火葬は必要であり、自分なりに供養を行うことで気持ちが前向きになり、亡くなったペットと向き合うことができるようになります。

ペット火葬の費用相場を把握しておきましょう

ペットが亡くなった場合、飼い主の所有する土地に埋葬をする、自治体に依頼をする、ペット火葬専用の場所で火葬を行うの3つの方法を選択します。
近年は家族と同じとみなしている家庭が多いことからペット火葬を選ぶことが増えており、ペット火葬には様々な方法があります。
一番人間の葬儀に近いのが立会葬です。
この方法はしっかりと供養ができる分費用相場も高めであり、コーギーなどの小型犬であっても3万円以上はします。
最も費用が抑えられるのが合同火葬であり2万円、間にあるのが一任葬です。
ですがこのほかにも費用は発生しており、ペット火葬の際に僧侶を呼び読経してもらうとお布施が発生します。
このお布施は5千円から3万円が費用相場であり、寺院や霊園によって異なっています。
火葬後は埋葬することになりますが、合同墓へ合祀する、納骨堂を利用する、個別にお墓を建てるの方法によっても費用は違います。
合同墓の場合1万円程度ですがお墓を建てると5万円から20万円とたいへん高額になるのが一般的です。
そのため火葬費用だけに注目せず、全体でどの程度かかるのかを把握しておかなくてはなりません。

ペット火葬は移動火葬車を使うこともできる?

ペット火葬は近年注目されているお葬式の形であり、その中の一つに移動火葬車を利用した訪問火葬があります。
訪問は自宅や希望する場所に専用の車が来て、ペットをその場で火葬できる方法であり、お骨を拾い上げることもでき返骨も可能です。
そのため個別葬と大変似ており、足が悪く葬儀会場に赴くことができない、時間を多く取れない飼い主に向いています。
訪問のペット火葬では専用の火葬車が使われるため、臭いや煙などが立ち上ることはありません。
個別の中でもコストをおさえることができますし、何よりもペットが慣れ親しんだ場所で最期のお別れをすることができます。
さらに24時間対応している業者も多く、臨機応変に対応をしてもらえます。
様々なメリットがある移動火葬車ですが、逆に車で行うため大型のペットや大変小さなペットに対応していないこともあります。
また天候によってはお骨上げが難しくなることもあります。
訪問葬に対応できるかを事前に確認しておくと安心です。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の基本情報

このサイトではペット火葬の基本情報をわかりやすく紹介していきますし、庭に埋葬すると衛生面などが良くないのか気になるかもしれませんが、その点も説明していきますから役立つはずです。サービスを利用するときに見落としてしまうことが多い、骨壷代金についても解説していきますから、料金などの部分でトラブルを抱えてしまうリスクも軽減していくことができると考えられます。ペットと一緒に火葬できる品物の種類も説明するので、実際に供養するときの参考にもなるはずです。

Search