バイクバッグに関する情報サイト

バイクバッグの防水カバー

バイクバッグの防水カバー バイクでの走行中、突然天候が変わり雨が降り出すことがよくあります。そのまま走行を続けていると、身につけているバッグにも悪い影響が及びかねません。一般的な製品は耐水性がそれほどなく、雨水が浸入することで中に入っているものが濡れてしまうことも多いです。特に紙でできた書類などは濡れると使い物にならなくなってしまい、大きな損害を被ることにもなるので注意したいものです。
こうした突然の雨への対策としては、防水カバーを使用するのがおすすめです。これは水をはじく素材から作られている製品で、雨が降っても中まで浸透させることがなく、入っているものを水から守ることができます。使い方は簡単で、雨が降ってきたなと感じたら、身につけているバッグにかぶせるだけです。これだけで雨水が入り込むのを防ぎ、バイクでの走行を快適に続けることができます。防水カバー自体は価格も非常に安く、使わない時には折りたたんでおくこともできるので、あらかじめ購入して用意しておくのがおすすめです。

防水加工のキャリアバッグがおすすめ

防水加工のキャリアバッグがおすすめ バイクを運転する場合、防水加工を選べば雨や風などから中身を守ることができます。
容量の大きいものや、防水が二重構造になっていて、便利なファスナー仕様のものが多いです。ワンタッチバックルだったり、固定ベルトがあって小分けポケットもあるでしょう。別で撥水材を使用する場合、バッグの種類や塗布の仕方などによっては染みになるリスクがありますが、もともと加工されているとそのような心配がありません。中にはインターも水を防ぐことができ、縫い目から水の浸入を予防するシーム加工を採用するタイプもあり、駐車中や保管の際、雨にあたっていても中身が濡れないので便利です。
バイクカバーを掛けておくとさらに対策することができ、中の荷物を保護することができます。貴重品や電子機器などは事前に小分けして保護しておくと中身が濡れず、きちんと対策することができるでしょう。

新着情報

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>バイクバッグを購入する際には試着がお勧め
>バイクにバッグを車載するメリットは2つあります
>バイクバッグのデメリットとその理由について
>バイクの中古バッグを検討する基準について
>バイクバッグはおしゃれで趣味性の高さを重視

◎2021/8/31

ツーリングのバイクバッグ
の情報を更新しました。

◎2021/6/4

バイクバッグを防水するツール
の情報を更新しました。

◎2021/5/30

サイト公開しました