ツーリングのバイクバッグ

ツーリングのバイクバッグ

ツーリングのバイクバッグ 日常やツーリングを問わずにお勧めしたいバイクバッグは振り分けデザインのモデルです。
振り分けによって重心が下がるため安定して荷物を運べ、サイズ感も小さなものは左右で10リットル程度から、大きなモデルは内容量60リットルモデル程度まで選択することが出来るのです。
開口部はジッパーで広がり、大容量モデルでは荷物が仕舞いやすいように上部はダブルジップになって大きく開放する特徴があります。自分のバイクの寸法を測定し、なるべく大きなモデルを選ぶことがおすすめです。
次に選ぶならばシートバッグが使いやすいでしょう。リアシートに取り付けて使います。モデルによっては、荷物量が多い時にはジッパーで内容量を増やすことが出来るようになっています。旅先でのお土産やツーリング時に上着を脱いだ時などには、この機能は重宝すること間違いありません。
デメリットは二人乗りが出来なくなることやシートに荷物を載せることで重心が上がってしまうこと、横風に煽られやすくなることなどで、工夫が必要になります。

キャンプツーリングにおすすめのバイク用大容量シートバッグ

キャンプツーリングにおすすめのバイク用大容量シートバッグ キャンプツーリングを行う時、バイクにそれなりの荷物を載せる必要があります。その時におすすめなのが、バイク用大容量シートバッグです。これはタンデムシートに装着する事が出来るので、着脱がし易いのが特徴となっています。
ハードケースと比べると価格も安いので、ライダーには丁度良いアイテムだと言えます。キャンプ用のアイテムを色々と持っていくのであれば、容量は50リットル以上の物が望ましいでしょう。素材は、ポリエステルやレザーを使っている事が多く、通気性や防水性や耐久性に優れている製品を選ぶと良いです。
ツーリングをする場合、バイクに効率良く必要な物を載せる事が重要になってきます。
その点、バイク用のシートバッグは大容量モデルが用意されているので、ライダーのニーズに応えてくれるでしょう。ポケットが多ければ、それだけ使い勝手が良くなります。愛車のフォルムに合わせて製品のデザインを選ぶと格好良く使えます。

新着情報

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>バイクバッグを購入する際には試着がお勧め
>バイクにバッグを車載するメリットは2つあります
>バイクバッグのデメリットとその理由について
>バイクの中古バッグを検討する基準について
>バイクバッグはおしゃれで趣味性の高さを重視

◎2021/8/31

ツーリングのバイクバッグ
の情報を更新しました。

◎2021/6/4

バイクバッグを防水するツール
の情報を更新しました。

◎2021/5/30

サイト公開しました