バイクバッグを防水するツール

バイクバッグを防水するツール

バイクバッグを防水するツール 普段から通勤や通学でバイクを愛用している方の中には、バッグを背負って運転するケースも多いはず。
あるいは長距離のツーリングでも荷物の収納には欠かせないアイテムです。
ただし雨天の場合には、バッグが雨にさらされてずぶ濡れになることも珍しくありません。
そのためバイクの運転中でも水濡れを防ぐツールを使用し、雨天に対応できる工夫が求められます。
まず最初に紹介するのが防水スプレーです。
撥水性のある成分によって雨を弾き、荷物の水濡れを防ぎます。
スプレーを吹きかけるだけの手軽さに加え、どんな形状の荷物であっても対応できるのが、大きなメリットと言えます。
次に注目したいのは防水ポーチ。
ショルダータイプで30リットル以上の大容量タイプであれば、突然の雨でも荷物をそのまま入れて、背負って運転することが可能です。
最後に紹介したいレインカバーも、使い勝手のよいツールと言えます。
これはビニール製の簡易カバーで、手提げタイプや風呂敷タイプまでバリエーションも豊富です。
安いものであれば、100円ショップでも購入できます。

バイクのサイドバッグは防水加工やレインカバーがあると便利

バイクのサイドバッグは防水加工やレインカバーがあると便利 バイクに乗る時に便利なサイドバックは、急な雨が振ったときにも安心の防水加工やレインカバーがあると便利です。
走っているときに心配なのは急な天候変化で、雨が振っても安心の防水加工がされている物が良く、大体のものは少しぐらい濡れても浸水しないようになってますが隙間から水が入り込むこともあります。
より安心して使うならカバーが付いているタイプが良く、隙間からの浸水も防げるのでもし雨が強まっても安心です。
底面に排水穴が付いているものもあって、中へ入ってしまっても排水できると楽です。
重要なのは容量で、バイクのツーリングの目的やどんな荷物を入れることが多いかで考えて選びます。
そこまで遠出はしなくても、メンテナンスグッズやグローブなどを入れるなら10L未満の小さいものでも大丈夫です。
カバーやレインコートなども必要なら20L前後のバッグがおすすめで、泊りがけで走るときにテントやキャンプ用品を持っていくなら40Lほどの大きい容量が必要です。
必要に応じて容量が変えられる可変式もあるので、目的にあわせて選ぶのがコツです。

新着情報

◎2023/01/10

情報を更新しました。
>バイクバッグを購入する際には試着がお勧め
>バイクにバッグを車載するメリットは2つあります
>バイクバッグのデメリットとその理由について
>バイクの中古バッグを検討する基準について
>バイクバッグはおしゃれで趣味性の高さを重視

◎2021/8/31

ツーリングのバイクバッグ
の情報を更新しました。

◎2021/6/4

バイクバッグを防水するツール
の情報を更新しました。

◎2021/5/30

サイト公開しました